院長からのご挨拶

Message
院長 伊賀 壮枝 Narie Iga

国家資格 「はり師」「きゅう師」

鍼灸しずいろは女性が体も心も自分らしさを取り戻せる『リセットの場』として女性の不調と寄り添う鍼灸院です。 女性は仕事や結婚、さらに妊娠・出産・育児・介護などライフサイクルの変化に富み、さらに月経やホルモンの影響を受け、様々な不調と隣合わせです。当院では丁寧なカウンセリングと東洋医学の見立てから不調の根本原因にアプローチし、自然治癒力を高めるオーダーメイドの鍼灸施術でみなさまの健康をサポートします。

プロフィール Profile

21歳、17歳、3歳の子供を持つ、ママ鍼灸師です。自然な暮らしを求め、2018年に糸島(福岡県糸島市)へ移住しました。自然と共存しながら【生きる力】を身につけるライフスタイルを探求中です。目標は「衣食住、暮らしの自給率をあげたい」と考えています。ファーストチャレンジとして糸島本院をセルフビルドしました。現在も進行中で少しずつ変化しています。

鍼灸師になったきっかけは初めての妊娠の時でした。

20代にプロダクトデザイナーとして働き、当初は肩こりで鍼灸を利用していましたが、妊娠をきっかけに鍼灸の奥深さを経験しました。体に不調が現われ、病院を受診し薬が処方されました。薬の服用が与える赤ちゃんへの影響を危惧し、薬を使わず不調を軽くできないかと行き着いた所が鍼灸院でした。相談できた相手がたまたま女性の鍼灸師さんで安心感と穏やかな気持ちを取り戻し、さらに鍼1本で体調が改善したことは今でも忘れられません。

この経験で素敵な職業だ
と憧れを抱きました。

鍼灸師になりたいという思いを抱きながら、その後出産を機に退職。 夫の仕事をサポートしながら、子供が少し手を離れるようになった30代に鍼灸学校へ入学しました。 午前中は学生、午後は仕事、そして家事や育児とハードな3年間を過ごし、ストレスでめまいや低音性感音難聴で苦しんだ時期もありました。 このことをきっかけに卒業後は、耳鼻科クリニック内で「めまい・難聴・耳鳴り」の鍼治療に携わりました。 また同時期に不妊で悩む知人に相談され、プライベートで妊娠に向けた体質改善の鍼灸を行っていたところ3ヵ月ほどで妊娠。 その喜びと鍼灸で命が宿るお手伝いができたことにとても感動して不妊鍼灸の分野にも興味を持ち、本格的に学びました。

様々なライフステージを経験したことを活かし、患者様の悩みに寄り添いながら、心身ともにリラックスできる施術をご提供しております。
施術前のカウンセリング、施術後のアドバイスなど患者様とのコミュニケーションを大切に施術にあたっております。

女性のための鍼灸院を開院

その後2013年、福岡市大濠に女性のための鍼灸院『鍼灸しずいろ』を立ち上げ、女性疾患を中心に様々な不調のサポートを行ってきました。 家庭でできるお灸のセルフケアとして『女性のためのお灸教室』を開催し、鍼灸の啓蒙活動にも力を入れています。 私自身、40代で妊活に取り組み、鍼灸のおかげで45歳で3人目を出産することできました。只今、子育て奮闘中です。

女性は仕事、妊娠、出産、育児、介護などライフサイクルで様々な不調に直面します。私が鍼灸に助けられたように、みなさまの様々な悩みをリセットできるよう、サポートさせていただきたいと思っております。

ご予約 お問い合わせ